メニューへジャンプ 本文へジャンプ

記事一覧

トップ > 過去の活動報告

伊達保育園 保育参観

ファイル 593-1.jpgファイル 593-2.jpgファイル 593-3.jpgファイル 593-4.jpgファイル 593-5.jpg

2013年11月12日(火) 伊達市:伊達保育園

社会福祉法人桑の実福祉会、伊達保育園の 保育参観で、「国会から見た子育て雑感」というテーマを頂き、 保護者の皆さんを前に講演させて頂きました。
仕事を持ちながら子育てに頑張っている保護者の皆さんたちを地域社会全体でしっかりサポートいたします。
遠藤道雄理事長先生、宍戸恵治園長先生はじめ愛情を持って子どもたちを育てて下さっている先生方にも心から感謝いたします。

講演後、保護者の皆さんと保育参観にご一緒しました。
子どもたちの元気なかわいい笑顔と愛情あふれる先生たちの姿を見ることができました。

絶対にこの子どもたちを守ります。子どもたちの未来を守ります。

このページのTOPへ

民主党東北地方自治体議員フォーラム総会・研修会

ファイル 594-1.jpgファイル 594-2.jpg

2013年11月11日(日) 岩手県盛岡市:ホテル大観

盛岡市内のつなぎ温泉ホテル大観において開催された「民主党東北地方自治体議員フォーラム総会・研修会」に出席し、岩手3区の黄川田 徹衆議院議員の基調講演「防災と東日本大震災」を拝聴しました。

このページのTOPへ

福島大学大学院臨床心理同門会

ファイル 595-1.jpgファイル 595-2.jpgファイル 595-3.jpgファイル 595-4.jpg

2013年11月9日(土) 福島市:福島ビューホテル

福島大学大学院臨床心理同門会「吾妻の会」懇親会に同窓生の一人として出席しました。
私は、スクールカウンセラー養成コースとして設置された学校臨床心理専攻1期生として学び、中野明徳教授のゼミでご指導頂き、いじめについての論文を仕上げ修了しました。
中野教授と当時同期で現在は大学院人間発達文化研究科の渡辺隆教授とも久しぶりにお会いできました。
同窓生は、教育、医療、福祉、矯正等の各分野で心のケアのプロとして活躍していますが、私も、学んだことを、被災地で苦しむ人たちを支えるために役立てたいという思いで、避難所から始まり仮設住宅等で支援活動をしてきました。
同期生、先輩、後輩の皆さんの現場で頑張る様子に刺激を受け、明日からまたさらに走り回ります。

このページのTOPへ

ほばら産業まつり

ファイル 596-1.jpgファイル 596-2.jpg

2013年11月9日(土) 伊達市保原町:保原体育館・保原市民センター

11月9日,10日の2日間、元気なふるさと「ほばら産業まつり」が開催されました。
農産物品評会、料理コンクール、農の生け花展などもありました。
11月10日には、私も大ファンの石山波恵先生率いる波恵ダンスカルチャーパークのステージもありました。

このページのTOPへ

保原町文化祭「展示発表会」

ファイル 597-1.jpgファイル 597-2.jpgファイル 597-3.jpg

2013年11月4日(月) 伊達市保原町:保原体育館、保原市民センター・中央公民館

11月2日~11月4日の会期で開催された保原町文化祭「展示発表会」に伺いました。会場では、素敵な作品に出会い、地元の皆様の温かいお心に触れてまいりました。

このページのTOPへ

梁川ふれ愛ガーデン 内覧会

ファイル 591-1.jpgファイル 591-2.jpgファイル 591-3.jpgファイル 591-4.jpg

2013年11月3日(日) 伊達市梁川町:梁川ふれ愛ガーデン

12月オープンの準備を進めている伊達市梁川町の障がい者の就労継続支援B型事業所"梁川ふれ愛ガーデン"の内覧会にご案内頂きました。
事業内容は、レストランの運営、配食サービス、手工芸品販売、廃品回収などです。
 試食会もあり、メニューとなる予定のカレーや焼肉などを頂きました。
とても良い雰囲気のレストランで、障がいのある皆さんが楽しく働くことができる場になると感じました。

このページのTOPへ

保原町上保原・三日市クラブ芋煮会

ファイル 590-1.jpgファイル 590-2.jpgファイル 590-3.jpg

2013年11月3日(日) 伊達市保原町:上保原公民館
このページのTOPへ

三吉神社秋季例祭

ファイル 589-1.jpgファイル 589-2.jpgファイル 589-3.jpg

2013年11月3日(日) 国見町:三吉神社
このページのTOPへ

「なくせ原発!安心して住み続けられる福島を!11.2ふくしま大集会」

ファイル 588-1.jpgファイル 588-2.jpgファイル 588-3.jpgファイル 588-4.jpg

2013年11月2日(土) 福島市:荒川運動公園

「なくせ原発!安心して住み続けられる福島を!11.2ふくしま大集会」に出席しました。
呼びかけ人のJA福島女性部協議会会長の大河原けい子さんや浪江町の小黒敬三議会議長さん達に続き、民主党県連を代表して、ご挨拶いたしました。
「放射能汚染水問題の抜本的な解決」「徹底した除染と完全賠償」「すべての福島原発の廃炉」など、我々県民の要求実現のために、共に頑張ってまいりましょう。

このページのTOPへ

マイケル ウィンターさんを偲ぶ会

ファイル 598-1.jpgファイル 598-2.jpgファイル 598-3.jpgファイル 598-4.jpgファイル 598-5.jpg

2013年10月31日(木) 東京都港区:日本財団

 障がい者の自立生活運動のリーダー、マイケル ウィンターさんを偲ぶ会に出席しました。

 アメリカ、カリフォルニア州、バークレーの自立生活センターの所長さんであったマイケル・ウィンターさんは、 日本からたくさんの研修生を受け入れ、後に我が国における当事者運動のリーダーとなる人材を育てて下さいました。
 ADA(Americans with Disabilities Act)障がいのあるアメリカ人法律)が成立した後に、日本で全国講演ツアーをして、 奥様の敦子さんと共に日本においての同様の法律の必要性を訴えられました。障がい者当事者の自立生活運動を学ぶために アメリカで学び働いた私がマイケルさんと敦子さんから直接ご指導を受けることできたことを誇りに思っています。
 ADAが成立した時にカリフォルニアにいた私は、歓喜の中で、「いつか、必ず日本でも差別を禁止する法律をつくる」と決意しました。私が国会で働く機会を頂き、障害者制度改革に携わることができたのも、マイケルさんたちのお陰です。
障害者差別解消法を成立させることができましたが、制度改革は道なかばです。これからも、仲間と共に全力で取り組んで参ります。
  いつも、敦子さんとは、話はつきません。あらためて、マイケルさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。 


 

このページのTOPへ